一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター JC3:Japan Cybercrime Control Center

インターネットバンキングマルウェア「Gozi」による被害に注意

2016年 6月14日初版
2016年 7月 1日更新

 JC3では、IT事業者、セキュリティ事業者、金融機関、警察などのJC3会員と協力して、不正送金の被害軽減に向けた分析を進めています。
 今般、警察庁からの情報提供により、インターネットバンキングマルウェアGoziの感染及びこれによる被害の発生を確認し、会員企業からのデータと合わせて分析したところ、Goziの感染が広がりつつあり、その被害が拡大するおそれがあると認識しています。
 Goziは、金融機関関連情報を窃取するなどの機能がある不正プログラムであり、Goziに感染した端末を使用してインターネットバンキングを利用すると、ID・パスワードなどの情報が窃取され、銀行口座から不正送金が行われてしまうおそれがあります。
 Goziに感染してインターネットバンキングに係る不正送金などによる被害にあわないよう、以下を参考に、適切なセキュリティ対策を講じてください。
 JC3では、今後も分析を継続してまいります。

ページの先頭へ戻る