一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター JC3:Japan Cybercrime Control Center

モバイルをターゲットとしたフィッシングによる被害

通信事業者を騙るスミッシング詐欺の手法に係る注意喚起



2019年6月14日

  1. SMSを偽装する手口

  2.  警察において、通信事業者を騙った新たなスミッシング詐欺の被害を確認していることを踏まえ、JC3では、スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)に関し、受信者のスマートフォンにおいて、通信事業者が送信するメッセージが表示されるスレッド内に、他の者がメッセージを挿入することを可能とする手法を確認しました。
     これまで確認されてきたスミッシングの被害は、受信者が、スレッドに表示される送信者を確認することで、心当たりのない送信者からのメッセージであることに気づくことができ、当該メッセージに記載されたURLをクリックしないなど、受信者が自らその被害を防止することができましたが、通信事業者が送信するメッセージが表示されるスレッドに挿入されたメッセージの場合、受信者は、そのメッセージが正規の送信者からのものであると誤認してしまい、スミッシングの被害に遭うこととなります。新たな犯行の手口にご注意ください。

  3. 被害に遭わないために

  4.  被害に遭わないために、通信事業者が送信するメッセージが表示されるスレッドに受信しているメッセージであったとしても、通信事業者とは別の送信者からメッセージが送信されている可能性があることを念頭に入れつつ、メッセージに記載されたURLへ安易に接続しないなどの点に注意してください。
     また、誘導先のURLをよく確認し、通信事業者のURLであることを確かめることを心がけてください。
       




ページの先頭へ戻る