一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター JC3:Japan Cybercrime Control Center

サポート詐欺やiPhone当選詐欺に注意

2020年 7月 2日 作成

~サポート詐欺やiPhone当選詐欺の手口~

  1. サポート詐欺やiPhone当選詐欺の手口

  2.  この度、JC3において、サポート詐欺や当選詐欺の手口に関する動画を作成しました。
     サポート詐欺やiPhone当選詐欺は、以前から確認されている手口ですが、昨今においても被害が確認されていることから、引き続き注意をしてください。


     サポート詐欺とは、画面に突然、偽のセキュリティ警告等の画面(サポート詐欺のサイト)を表示させるなどして、ユーザーの不安を煽り、画面に表示された電話番号に電話をかけさせ、PCを遠隔操作するソフトウェア等をインストールするように促し、有償のサービス契約の締結等をさせられる手口のことです。

    サポート詐欺
    ※音が出ますので、音量に気を付けてください。


     iPhone当選詐欺とは、画面に突然、iPhoneに当選しましたとの画面が表示され、アンケートなどとともに、アカウント情報やクレジットカード情報等の入力を促し、情報が窃取される手口のことです。

    iPhone当選詐欺
     

  3. 被害に遭わないために

  4.  被害に遭わないためには、突然、警告画面や当選画面等が表示されたとしても、慌てずに行動することが重要です。
     偽の警告画面や当選画面等は、ブラウザを閉じたり、PCを再起動することなどにより、表示されなくなりますので、慌てて画面に表示された電話番号へ連絡したり、クレジットカード情報等を入力しないでください。
     また、電話の指示により遠隔操作するソフトウェアをインストールしてしまった場合、パソコン内の情報窃取やマルウェアへの感染等のリスクとなることから、各種アカウントのID・パスワードの変更、PCのリストアなどの処置を講じるようにしてください。

ページの先頭へ戻る